入学金、授業料だけじゃない。大学入学は何かと物入り

桜咲く

早いもので4月ですね。息子はいよいよ大学に通い始めました。

2月に世界適塾入試に合格し、クラスメイトが受験勉強をする中、のんびり過ぎるくらいのんびり過ごしてきた我が家です。

3月の前期試験合格発表後、入学に関する書類が大学から届き、ボチボチと大学生活に向けての準備を始めたけれど、予想外の出費で結構たいへんでした。

入学式のスーツ一式

スーツ

ユニクロで買おうかと思ったけれど、ピッタリのサイズ感がわからないので、紳士服の量販店(青山とか)で買うことにしました。

大学生協の割引券が最強のようで、通常の割引価格からさらに10%引きになりました。

入学式、成人式、できれば就活でも着たいと話すと、黒を勧められました。

就活で黒はおかしいという説を目にしますが、実際のところ皆が黒を着ているから、就活に使うなら黒ですよと店員さんに勧められ、息子本人の希望もあって黒のスーツを買いました。

スーツに、ワイシャツ、ネクタイ、靴、タイピン、靴下。

それにビジネスバッグみたいなカバンをつけて、10%引いて42000円なり。

親からの入学祝ですね。

高校は詰襟の学生服だったので、息子のスーツ姿は初めてです。

大きくなったな…と、母さんしみじみ思います。

電子辞書

生協のカタログによると、高校生の電子辞書では載っている単語数が足りないとか。

第二外国語もあるし、ほとんどの学生が新しく電子辞書を買うそうです。

量販店にも同等のモデルはあるけど、生協の方が安いし4年間の保証があって得だって。

36800円なり。

ノートパソコン

ノートパソコン

レポートや課題にノートパソコンが必須だとか。

大学でWi-Fiが使えるので、空きコマを利用してレポートを書いたりするそうです。

生協おすすめのは15万~と高いから、家電量販店かどこかで買う予定。

そろそろ買わねば…だけど、予算は10万円で足りるのか?

おそらく12万円くらいなり。

大学に行く服がない!?

スニーカー

高校時代は制服でしたから、毎日私服で大学に通うとなると、それなりに服がいります。

大学デビューではないけれど、大学生っぽい服が欲しい。

ということで、それなりの枚数の服を買いました。

プチプラばかりだけど、塵も積もれば&スニーカーで50000円なり。

学生保険

通学

通学途中や授業での事故、他人や物を傷つけたりした場合のために、保険に加入します。

最低限、加入を強制されているものと、それに上乗せして生協で勧められている学生保険があります。

初年度に支払った保険料20000円なり

生協、体育会、寄付金…

お金

大学では生協の利用は必須です。

食堂、購買、教科書…生協に加入していると組合員価格で安く利用できるのです。

生協の加入には出資金を納めないといけません。18000円なり。

体育会、寄付金など、これは強制ではありませんが、普通に納付するとさらに18000円なり。

定期代

私鉄→JR→私鉄と乗り継ぐ関係で、定期代が高いです。

3か月で35000円なり。

遠路はるばる和歌山大まで、2時間かけて通う同窓生より高いのは微妙な気持ちになります。

それでも一人暮らしをすることを考えると、かなり安いですけどね。

教科書代

教科書

教科書が無料だった小学校中学校が懐かしい。

高校ではだいたい2万円くらいでしたが、大学では平均して3万円くらいの教科書代が必要です。

それも踏まえて、生協のプリペイドカードに事前入金を勧められています。

チャージ額50000円なり。

総額380000円の出費

生協の出資金のように卒業時に返金されるもの、入学後に使えるチャージ残高はありますが、

それでも、とりあえず支払いが必要なのは380000円にもなりました。

入学金、授業料とは別に、自宅生でもこんなに必要なんですね。

一人暮らしを始めるとなると、保証金や家具家電…さらにお金がかかります。

 

管理人

よく大学入学にはお金がかかると聞きますが、本当に思った以上の出費でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。